「耳を通してその人の魂に入ることができます」

アイダ・リーゲルス 

受賞歴のあるチェロ奏者・作曲家  

アイダの活動の中心にあるのは「音」です。音がなければ、音楽は存在しません。音楽がなかったら、アイダがヨーロッパ中を自転車で回ってチェロのコンサートをすることもなかったでしょう。ワイデックスサウンドの哲学の神髄であるピュアサウンドについて、アイダが語ってくれました。  

(アイダの紹介)  

デンマークの王立音楽院を卒業したアイダは、ヨーロッパ中でコンサートを行うために手作りのチェロを背負って400kmを走破。「サイクリングチェリスト」として知られるようになりました。最近では、ダナカードレコードからデビューアルバム『Cello Stories』をリリースしました。

VIDEOS

チェロは「言葉では言えないことをすべて語ってくれる」とアイダは語ります。  
アイダはチェロの演奏だけでなく、チェロを製作も行っています。
 
 「ピュアサウンドを通すと、私のチェロの音は本当に私が演奏するチェロの音そのものに聞こえます」とアイダは言います。 

サイクリングチェリスト  

数年間勉強した後、アイダは世界に出て自分の情熱を他の人と共有する必要性を感じました。それ以来、彼女はチェロを背負ってヨーロッパ中を自転車で旅し、各地で演奏を行っています。

別世界

アイダが初めてワイデックスの補聴器を試したとき、その存在をほとんど感じなかったと言います。しかし、彼女はワイデックス補聴器の高音域と低音域のバランスが良いことに気付きました。「別の世界だわ。完全に別の世界です。」 

地元で育まれた音  

アイダは、いくつもの楽器がある家庭で育ちましたが、その中でもチェロに魅せられました。アイダにとって、音楽は単なる音ではなく、ミュージシャンの内面で起こっていることなのです。"絵画の中には千の言葉があるかもしれませんが、メロディーの中には百万の言葉があるのです」と彼女は言います。

「ピュアサウンド™の音はまったくの別世界です」

ワイデックス サウンド アンバサダー

トップへ