「作曲とは、音にはっきりと焦点を合わせること。それがすべてです」

ドミニク・ル・ゲンドル

著名な作曲家、クラシックギタリスト  

ドミニクは、完璧な音は可能な限り自然であるべきだと信じています。世界中の劇場のために作曲するとき、彼女はこの哲学を活かしています。ワイデックスサウンドの哲学の真髄であるピュアサウンド™についてドミニクが語ってくれました。  

(ドミニクの紹介)  

ドミニクは、ロンドンを拠点とする作曲家で、シェイクスピア・グローブ劇場、タラワ・シアター・カンパニー、シアター・オブ・ブラック・ウーマンなどに楽曲を提供しています。ドミニクはトリニダード出身で、カリブの伝統が彼女の音楽的な声の一部となっています。彼女は20年以上にわたってロンドンの劇場、BBCラジオドラマ、映画、テレビのために作曲してきました。

VIDEOS

ドミニクは幼い頃からクラシックギターとクアトロという楽器を学んでいました。  
ドミニクは、CDコレクションとして録音された38のシェイクスピア劇すべての音楽を作曲・制作。  
「ピュアサウンドには、通常は得られない、よりクリーンで正確な何かがあります。」

生き方としての音楽   

ドミニク家は、何世代にもわたって音楽が礎となってきました。「音楽は生き方そのものです」と彼女は言います。 「それが私にとっての人生の考え方です」

作曲とは、ドミニクにとって単に曲を作ることではなく、彼女の周りで起こっていることを描写することなのです。

完璧なサウンド

「完璧な音とは、曲の中でそれぞれの音の軌道がはっきりしていること」 とドミニクは言います。リード役の楽器はもちろん聴こえます。しかしアンサンブルの他の色やパレットがはっきりしてこそ、楽曲全体がクリアになるのです。   

ナチュラルチョイス  

完璧な音とは、可能な限り自然に聞こえるはずであり、その意味でピュアサウンドは印象的です。「私は間違いなくこのワイデックス補聴器に投資するでしょう。」彼女はこうも言いました。「疲れることもなく、音が大きすぎることもなく、それぞれの音を聴き分けることができるワイデックスの精密さは、素晴らしいソリューションだと感じています」  
 「この音の純粋さは確かにピュアサウンドによってもたらされています」  

ワイデックス サウンド アンバサダー

トップへ