「多彩な色が聞こえれば、人生はもっと素晴らしいものになる 」  

ブライアン・ジャクソン

伝説的な作曲家、フルート奏者、ピアニスト )

ブライアンが子供の頃、家の中で音楽が流れていなかったことはありませんでした。彼の人生には最初から歌とメロディーがあふれていて、それが数十年にわたる音楽家、作曲家としてのキャリアにつながっています。 

(ブライアンの紹介)  

ブライアンは、米国のジャズとソウルの伝説的存在であるギル・スコット・ヘロンと共に、10年以上にわたり作曲、レコーディング、演奏を行ってきました。彼の楽曲は、絶賛された「WinterinAmerica」や「Piecesofa Man」など、いくつかのスコット・ヘロンのアルバムの中心になっています。

ブライアンは、アース・ウィンド・アンド・ファイア、スティーヴィー・ワンダー、ウィル・ダウニング、グウェン・ガスリーとも共演しています。

VIDEOS

  ブライアンの音楽への愛は、子供の頃から始まりました  
ブライアンは、自分を表現する手段として作曲を始めました。  
ピュアサウンドは、40年前のピアノの音を思い起こさせてくれました。  
 

音楽の色   

ブライアンにとって、良い音を聞くことは、良い絵の具のパレットを持っているようなものだといいます。 「低い音から高い音まで、聞こえるものはすべて聞きたい」と彼は言います。ブライアンは、ワイデックスのピュアサウンドをで違いを感じました。「音楽を最大限に楽しむことができれば、人生を本当に楽しむことができます。」

 3次元の世界に3次元の音を

ブライアンが最初にピュアサウンドを試したとき、音が自分を包み込むような、より3次元に近い「次元の高い体験」をしたといいます。「ピュアサウンドは、私が予想していたものとは全く違っていました。」  

ピアノの選択 

ブライアンは子どもの頃、「ドラムセットが欲しい」と母親に言いましたが、それは難しかったので、代わりにピアノを買ってもらいました。そのことが、数十年にもわたる音楽のキャリアにつながったのです。
ピュアサウンドは、40年前のピアノの音を思い起こさせてくれました。    

ワイデックス サウンド アンバサダー

トップへ