「すべての音色が聞こえれば、人生はもっと素晴らしいものになる」  

BRIAN JACKSON[ブライアン・ジャクソン]

伝説の作曲家、フルート奏者、ピアニスト

子供の頃から、Brianの家ではいつも音楽が流れていたそうです。彼の人生は歌とメロディーに溢れており、音楽家、作曲家としての数十年にわたるキャリアにつながっています。ワイデックスの音づくりの神髄ともいえるPURE SOUND™[ピュアサウンド™]についてBrianが語ってくれました。

Brianの紹介

Brianは、米国ジャズ&ソウル界の伝説的存在であるGil Scott-Heron[ギル・スコット-ヘロン]と10年以上にわたり、作曲、レコーディング、演奏を行ってきました。Brianの作曲した「Winter in America」や「Pieces of a Man」は、絶賛されたScott-Heronの数々のアルバムの中心曲となっています。 また、Earth, Wind and Fire[アース・ウインド・アンド・ファイヤー]、Stevie Wonder[スティーヴィー・ワンダー]、Will Downing[ウィル・ダウニング]、Gwen Guthrieグエン・ガスリー」とも共演しています。

 

VIDEOS

音楽の色   

Brianは、良い音を聴くことは、良い絵の具のパレットを持つことと同じだと考えています。彼はこう言います。「最も高い音から低い音まで、聞こえるものすべてを聴きたいのです」Brianは、ワイデックスのPURE SOUND™[ピュアサウンド™]を聞いた時の大きな違いに驚きを感じました。「音楽を心から楽しむことができれば、人生を本当に楽しむことができます」

 3Dの世界に3Dの音を

Brianが初めてPureSound™[ピュアサウンド™]を試した時、自分が音に包み込まれるような、立体的な体験をしたそうです。「PURE SOUND™は、私が予想していたものとは全く違いました。」と語っています。 

ピアノとの出会い 

Brianは子供の頃、母親に「ドラムセットが欲しい」と言いましたが、ドラムの代わりに買ってもらったのがピアノでした。その決断が、数十年にわたるBrianの音楽のキャリアにつながりました。

「PureSound™[ピュアサウンド™]は、私が40年前聞いたあのピアノの音を思い起こさせてくれます。」

ワイデックス サウンド アンバサダー

トップへ